Top > 日焼け後のケア > 日焼け後の保湿ケア

日焼け後の保湿ケア

日焼け後は、顔でも体でもとにかく冷やすことが大切です。やけどと同じなので、日焼けケア用の化粧品を塗るよりも、氷などで冷やした方が効果的のようです。また、かゆみや鎮痛があれば、非ステロイド系の鎮痛消炎作用のある軟膏や、アロエを塗るといいでしょう。アロエは皮をむいたら、そのまま汁を塗ります。日焼けケアにとても適しています。

顔や体のほてり、かゆみなどが治まったら、ここからが美白と美肌のための日焼けケアとなります。

日焼け後の肌は、水分がどんどん逃げやすくなっているので、肌に水分と油分をしっかり与える日焼けケアが必要です。美白・美肌の日焼けケアは、肌の乾燥により皮がむけるのを防ぐ意味でもお風呂あがりがおすすめ。保湿化粧品でもいいのですが、アロマローションをたっぷり塗ってアロマオイルで日焼けした部分をマッサージするとうるおいのある肌になります

保湿・美肌ケアに最適なアロマオイルは、皮膚の代謝を高めるラベンダーやネロリ、血行促進によいローズやゼラニウム、保湿作用のあるカモミールなど。きちんと行うと、白く透き通った美肌を取り戻すことが出来ます。日焼けケアの美白・美肌化粧品もいろいろ出ています。

フルーツには酵素やビタミンが多く含まれているので、肌の代謝を良くし日焼けした肌のケアに役立ちます。生のフルーツをたくさん食べるようにしてください。

カテゴリー