Top > 日焼け止め以外の日焼け対策 > 日焼け止めと、日傘による対策

日焼け止めと、日傘による対策

日焼け止めを塗っていても、長い時間のうちには日焼け止めが落ちてくるので、小まめに塗り直す必要があります。そこで、日焼け止めを塗るだけではなく、プラスアルファの対策で日焼けを予防しましょう。

方法はいろいろありますが、日傘でお洒落に日焼け対策をしてみるのもいいですね。紫外線が気になる季節になると、日焼け対策グッズとして、たくさんのカラフルな日傘を見かけます。

日傘の選び方は、どこに注意したらいいのでしょう。機能面で言うと、濃い色の日傘を選んだほうが日差しを防いでくれますが、薄い色の方が日傘の内側に熱がこもりにくいので、涼しい感じが得られるメリットがあります

紫外線を出来るだけカットしたいなら、紫外線○○%カットやUVカットと表示されている日傘を選びましょう。日傘には、晴れでも雨でも使える「晴雨兼用」の日傘もあります。1本で済ませたい人には、おすすめです。

手軽に持ち歩きたいなら、折りたたみ式の日傘がおすすめです。バッグに入れて持ち歩けるので、邪魔にならず手軽でとても便利です。

濃い色がおすすめとは言っても、日焼け止めクリームなどを塗るなら、あまり気にせず好きな色やデザインの日傘を選んでもいいでしょう。やっぱり自分のファッションに合わせたいですよね。

日傘と併せて、日焼け止めクリームなどをしっかり塗ったり、他の日焼け対策グッズを併用すれば、日焼け止め対策の効果を上げられます。

カテゴリー