Top > 日焼け止めのSPF・PA値 > 日焼け止めと、SPF、PA値

日焼け止めと、SPF、PA値

日焼け止め(サンスクリーン)は、効果をSPFやPA値で表示します。

SPFは、UV-B紫外線B波=波長が短く、真皮にまでは到達しないが直後に「サンバーン」という炎症を引き起こし、しみやそばかすの原因になる紫外線)を基準の何倍防ぐことができる日焼け止め化粧品なのかを、数値で示したものです。

PA値は、皮膚の真皮にまで到達するUV-A(紫外線A波)をどのぐらいカットできるかを表します。ただ、紫外線A波は肌への影響が数日しないとはっきりしないため、正確な測定ができません。そこで、おおまかに3段階で効果が表示されています。

やや効果があるPA+、効果があるPA++、非常に効果があるPA+++です。SPF値は世界共通の表示(基準は少し異なる)ですが、このPA値は日本の日焼け止めだけの表示です。

日焼け止めでSPFとPA値の選び方は、日常生活ならSPF20で、PA++の日焼け止め、仕事で外にいることが少し多いときは、SPF30。そして、海や山、スキー場などに行くときには、SPF50か50+で、PA+++の日焼け止めというのが、だいたいの目安です。

日焼けを用心する人は、ややこれより高めのSPFで選ぶようですが、肌にやさしい日焼け止めにしないと肌に負担がかかります。また、SPFやPA値の高いものにするより、こまめに塗りなおしたほうが効果が保てます

カテゴリー